なんで痛いの・・・?性交痛の理由と改善方法は!?

緊張が痛みの原因になる

性交痛を解決する上で、精神状態を見逃すことができません。リラックスしているのであれば問題ありませんが、緊張状態の場合は注意が必要です。
通常、心身がリラックスすることで膣内に湿りが生じて膣内を保護しますが、緊張状態にあるとスムーズに湿りません。これによって、男性の陰茎と膣内の摩擦が大きくなってしまい痛みが生じるのです。
陰茎のサイズが通常より大きかったり、男性が乱雑に女性を扱うことによっても痛みが強くなるので、これらの要素が重なると苦痛を感じやすくなります。

お互いリラックスする

性交痛を軽減するシンプルな方法は、お互いリラックスして性交をすることです。経験が少ない場合は気持ちのコントロールは難しいですが、相手を尊重して自分本位ではない行動が求められます。
例えば、性交を突発的に行うのではなく日にちを事前に決めておくと精神的な準備がしやすいですし、良いムードでお酒を飲むなどの時間を作ることも大切です。
性交が始まったら、すぐに陰茎の挿入を急ぐことなく、膣内の湿りを確認してからゆっくりと挿入する配慮を忘れてはいけません。

体調不良時は無理をしない

性交は男女二人の信頼関係の上で成り立つものなので、もしどちらか一方が体調不良であれば断念しなければいけません。もし無理に性交をしても性交痛が強くなるだけですし、せっかくの二人の時間が苦しいものになる可能性があります。
交際が続く限り性交をする機会は幾度となく訪れますので、相手の立場になって行動をしたいです。

女性の性交痛の原因として最も多いのがエストロゲン分泌の低下です。エストロゲンの低下により膣が狭まり、膣内部の膜が薄くなることで性行時に痛みを感じやすくなります。