誰でも利用できるの?どのくらいの確率で妊娠できる?

卵子に問題があるときの選択肢

結婚後、夫婦で子供を作る時期などを相談するでしょう。時期が決まれば実際に行動に移っていきます。普通に夫婦生活をしていれば妊娠できるはずですが、なかなかできないときもあります。妊娠できない理由はいろいろありますが、卵子に問題があるときはいくら努力をしても妊娠はできません。そこで利用できるのが卵子提供プログラムです。誰でも受けられるわけではなく、夫婦間において卵子のみに問題があると診断されたときに選択ができます。夫の精子とドナーから受けた卵子を体外受精させ、それを妻の子宮に着床させます。無事着床すれば、その後は子の成長を見守りながら出産まで過ごします。閉経によって卵子が得られない時にも利用ができます。

どれくらいの確率で妊娠ができるか

子供が欲しいけどもなかなか子供ができない時、夫婦で妊活を行うときがあります。かつては女性側の問題といわれるときもありましたが、もちろん男性側に問題があってできないときもあります。妊活をしてもできないときは、医療機関で検査を受けると良いでしょう。検査の結果、卵子ができない状態だとわかれば卵子提供プログラムが利用できます。無料で利用できるわけではなく、それなりのお金がかかります。何度も受けられない人もいるかもしれません。受けられる医療機関でも異なるでしょうが、妊娠できる確率は50パーセント程度とされます。費用を抑えたいのであれば、新鮮胚の他の余剰胚の凍結保存をするとよいでしょう。二度目以降に使えるので、多少費用を抑えられます。

子供が欲しい夫婦が卵子の形成不全で妊娠に至らない場合、匿名女性が提供先不明のまま、卵子を提供するのが卵子提供です。提供を受けた側が妊娠出産し幸せになるだけでなく、提供側も社会貢献できるシステムです。