LED照明の魅力はやはり省エネであるところにあります!

家庭におけるLED化は相当以前から始まった

エネルギー資源も外国からの石油輸入に頼っているためにこの価格が高騰すると節減に努める必要も出て来ます。2011年の東日本大震災を契機として全国的に原発に頼らない方向に移行しつつあります。ソーラー発電はまだ新築時の屋根の上に設置するぐらいしか施工は余り進んでいるとは言えない状況にあります。

価格も需要と共に低下して来ている

従って家電店はもとよりホームセンターやスーパーなどでも販売され、裸電球に代わってLED球が各家庭でも相当行き渡るようになって来ています。蛍光灯も以前は18Wのものが使われていたものがこれに取り換えると4.3Wのもので同等の明るさを確保でき省エネになります。さらに電池式のセンサーライトと併用することでさらなる効果が期待できます。

可能であれば次は企業の省エネか?

家庭がある程度目的を達成できると、次は企業の蛍光灯をLEDの直管式のものに取り換えると費用はかかりますが、より多く節電が可能になると見られています。企業には内部留保金も多く積み上がっていると言われています。先行き不安や雇用の確保の為にそれが回されることもあるかも知れませんが、経済成長にはエネルギーが必要という意見も多いものです。

LED照明の利用方法

以前はネオンや看板も蛍光灯などが使われることが多かったものですが、LED照明が使われるようになってから消費電力も低下し、デジタルサイネージや室内農産物の栽培にも利用されるようになり有効活用されていると見られます。

二酸化炭素の削減にもなる

ライトアップやイルミネーション、家電製品やカーライトさらには漁業におけるライトも現在ではこれが使われる時代になって来ています。長時間照明の駐車場や防犯灯もこれに代わると、将来的に見ても二酸化炭素の排出量に貢献するものと見られています。

LEDライトパネルはLEDチップをパネル側面に配置し、デザイン面を背面からライトアップする看板のことで、室内のインテリアや屋外の看板などに使われています。