CADってすごい!!開発リードタイムが短縮できます♪

製図作業時間が大幅に短縮できます

機械設計の開発工程で最も時間がかかるのが、製図作業です。製図作業では、ドラフタと呼ばれる製図ツールを使って手書きで書くのが一般的ですが、時間もかかり業務上の課題になっている会社も多々あります。そんな会社におすすめなのが、CADの導入です。CADは、パソコン上で図面を書くことができるというもので、線を引くのも線を消すのもマウス操作だけで、できてしまいます。ドラフタですと、消しゴムで消して線を書き直すといた作業が、CADを使うことで数秒で終ります。これにより、製図作業時間が、手書きと比較すると、3分の1になり開発リードタイムが大幅に短縮できます。

イメージ図を客先に伝えるなら三次元CADがおすすめ

CADの中でも注目されているものの一つに、三次元CADがあります。三次元CADは、二次元の図面をパソコン上で立体的に表示できるCADになります。三次元CADのメリットは、設計段階で設計ミスを防止できること、そして、第三者にイメージ図を伝えやすいといったことがあります。設計ミスとしては、部品同士の干渉や加工性の考慮不足などがあり、そのどちらも3次元の図を確認することで防止できるようになります。3次元CADでは、複雑な形状の部品から大型の機械までさざまなものを表示することができるので、口頭だけだと客先に説明しずらい場合などには、とても重宝します。設計段階から、お客様と製品についてしっかりと議論することができるので、お客様のニーズにより近い製品を開発することができるのでおすすめです。

水道CADはデジタル図面の作成ソフトの中でも水道に特化したものです。人の手よりも低いコストで速く図面を作成する事が期待されます。